ドライアイスソリューションの情報ソース

Makoto Tsukada

Recent Posts

医療・衛生製品の金型は、どのように洗浄するべきか?

Posted by Makoto Tsukada on 2020/08/18 3:54:46

 

世界的に事業を展開するGeberit グループは、医療・衛生製品のリーダー企業です。 Geberit社は、ヨーロッパにおいて大幅なシェアを占めており、衛生技術の分野とバスルームセラミックの分野の両方で、独自の付加価値を提供しています。 世界中に生産工場が29拠点あり、そのうち6つは海外にあります。


環境問題への責任、資源の効率化、労働安全、革新的な思考
が継続的な生産を行う重要なポイントとなります。
このため、Geberit社は継続的に生産技術の開発を行い、環境への影響を積極的に削減しています。

グローバル基準の取り組みにより、難しいとされる上記の改善開発・目標を、一貫して
継続的に行っています。また、すべての生産拠点とすべてのロジスティクスは、ISO 9001とISO 14001に準拠しています。

問題点

スイスにある生産工場では、衛生用途向けのプラスチック成型部品が製造されています。 スチール製の非常に複雑なツールは、射出成形金型のプラスチック形状ジェネレーターとして使用されます。 自動化された製造工程の中では、オフガスの汚れ、樹脂の蓄積や漏れ、グリースの劣化などにより、金型やツールは常に汚れてしまいます。



「金型やツールに付着する汚れは、専任担当者により定期的に洗浄する必要があります。清潔な状態を保つことで高い品質を保証し、製造金型・ツールの寿命を延ばすことにつながります。

Geberit Produktions AG社プラスチック製造技術のSilvio Gächter氏

ショット毎の洗浄では、Tool Service & Storage というチームを組み、生産工場にて毎日対応しています。最先端の検査装置を使用し、射出成型金型だけではなく固定された製造エリアでも対応にあたります。非常に繊細なツールや機械部品は、専任担当者による特別な洗浄・サービス・メンテナンスが行われます。

解決策・ソリューション



同社は、以前から洗浄工程を変更することで製造効率や環境基準を向上できると感じており、ドライアイス洗浄によって実現することができました。

Cold JetのMicro Clean(マイクロクリーン)という機械でテストを行いました。本機は、ブロックのドライアイスを約0.3mmのマイクロ粒子まで削り出し、音速まで加速させて対象物に吹き付けます。運動エネルギーと熱効果の組み合わせにより、付着物と対象物の結合を断ち洗浄します。ドライアイスは昇華してしまうため、水などの二次廃棄物を発生させず、また対象物にダメージを与えることもありません。

射出成型機の洗浄をMicro Cleanで行ったところ、従来の洗浄方法と比べて半分ほどの時間で洗浄することができました。これにより、製造のダウンタイム (KPI、OEE値)だけでなく、人件費も大幅に削減されたことになります。また、保守やメンテナンスに従業員リソースを回すことが可能になります。

Geberit社は
、社員の安全と健康を最優先事項と考えています。関連するすべての労働保護法、安全基準法などは厳格に遵守されています。また雇用の確保にも取り組んでいます。

「私たちは経済、地球環境、社会的目標のバランスを保てるよう取り組みます。環境破壊を行う利益追求や経済活動は一切行わず、Geberit Produktions AGの環境プログラムをサポートします。」 
Gächter氏

薬剤・溶剤洗浄の多くは、目・手・呼吸器系に刺激を与え、健康に害を及ぼす可能性があります。ドライアイス洗浄は溶剤の使用を最小限に抑え、人体に影響がなく地球環境にも優しい洗浄方法になります。

 

Before

After

 

結果

「導入前に数社のドライアイス洗浄機をデモ比較しました。その中で、Cold Jetのみが弊社が求める洗浄条件やソリューション内容で十分なものと評価されたのです。製品性能だけではなく、デモンストレーションにおける的確な提案や、適切なソリューション提供に対し、スイス工場の製造部はとても感銘を受けたと聞きました。製品の取り扱い方、工場のどこで使用できるのか、それによって削減できる時間やコストなど、どれも明確なものでした。このコスト計算の結果、2台を同時導入することが最も効率的だったので購入を決めました。」
Gächter氏

Geberit社はサステナビリティの面で最も先進的な企業として世界的に認められています。経済、環境、社会面における影響を今後も考慮していき、高い基準を満たす努力をしております。Cold Jetのドライアイス洗浄を導入したのもその理由の一つです。 

Cold Jetの洗浄機は、製造工程のインターバルクリーニング、ワークベンチ、検査装置の洗浄に毎日使用されています。コンパクトで駆動性が高く、ペレット・ブロックのドライアイスを使用できるため、幅広い用途に使用することが出来ます。

Geberit社は大幅なコスト削減をもたらし、洗浄時間を約半分にしました。これにより人件費を下げ、機械のダウンタイム減少につながり、減価償却はすぐに得られました。

Read More

Injection mold cleaning, Medical, 金型, 衛生, 医療, 射出成型

ドライアイス洗浄の仕組みとは?

Posted by Makoto Tsukada on 2020/07/12 20:00:00

 



「ドライアイス洗浄とは、どんな洗浄方法か?」
知れば知るほど奥が深く、利点の多い洗浄方法です!

他のメディアを用いたブラスト洗浄機は、主にメディアが対象物にぶつかる衝撃によって付着物を除去する仕組みになっています。それに対しドライアイス洗浄は、効率的に洗浄を行うため、衝撃力以外に2つの大きな要素が含まれています。
ドライアイス洗浄について細かく説明する前に、3つの要素について「ICE」の頭文字を使って簡単に説明します。

Impact : 衝撃力

ドライアイスペレットの衝撃は、運動エネルギー効果を生み出します。 圧縮エアによってドライアイスが運ばれ、NASA技術を搭載した特別設計ノズルを通る過程で超音速まで加速されます。

Cold : 温度差

低温のドライアイスは熱効果を生み出します。 約-80°Cのドライアイス温度差を利用し付着物を脆化させ、対象物から付着物をはがしやすくします。

Expansion : 爆発力

ドライアイスに衝撃を加えることで爆発力を生み出します。衝撃により昇華する際、体積が約800倍に膨張するため、小爆発のような事象が起きます。

 

Have more questions about dry ice blasting? Check out our Definitive Guide

 

上記はドライアイス洗浄3要因の簡単な説明になりますが、ここからより詳しく説明していきましょう。繰り返しになりますが、ドライアイス洗浄には以下の3つの要素が重要となります。

  1. ペレット運動エネルギー : Pellet Kinetic Energy
  2. 熱衝撃効果 : Thermal Shock Effect
  3. 熱運動効果 : Thermal-Kinetic Effect

 

1) ペレット運動エネルギー : Pellet Kinetic Energy

 圧縮エアによってドライアイスが運ばれ、NASA技術を搭載した特別設計ノズルを通る過程で超音速まで加速されます。ペレットが対象物にぶつかった衝撃により、運動エネルギー効果を生み出します。

この作用は、対象物が外気温と同一、もしくはそれ以下の場合でも大きな効果を発揮します。

ただし、他のメディア(サンド、プラスチックビーズ、PMB)と比較するとドライアイスは柔らかいため、対象物へのダメージの心配はありません。他のメディアよりも大幅に密度が硬度が小さく、硬度スケールは1.5〜2となります。

また、ドライアイスは対象物に当たる瞬時に固体から気体へ昇華します。そのため、コーティング・基板には衝撃エネルギーはほとんどなく、非研磨性の洗浄方法といえます。

 

2) 熱衝撃効果 : Thermal Shock Effect

ドライアイスの温度(-109°F / -78.9°C)は、熱力学的な衝撃を引き起こし、付着物を脆化・収縮させます。これにより小さな亀裂を生み、母材と付着物の間の結合を破壊します。

ドライアイスの瞬間的な昇華(固体から気体)は、その作用によって付着物の非常に薄い最上層の熱を吸収します。

表層からドライアイスによる急速な熱伝達により、付着物内のミクロ単位の層に大きな温度差が生じます。この急激な温度勾配により、ミクロ層に「せん断応力」が起きるのですが、対象物の熱伝導率、熱膨張、収縮係数、また母材の熱質量によっても効果は変動します。

短時間で生じる「せん断応力」により、ミクロ層間に微細な亀裂が出来、付着物と母材の間の結合が破壊されます。

3) 熱運動効果 : Thermal-Kinetic Effect

ドライアイスが対象物にぶつかる時、衝撃エネルギー・ドライアイス・対象物の表面との間で急速な熱伝達が組み合わさり、瞬時に昇華し固体から気体へと変わります。

固体から気体へ変わる際、ドライアイスの体積はミリ秒(1/1000秒)で最大800倍に拡大し、付着物を母材から剥がします。これは、接触点で「小爆発」が発生している状態になります。

この「小爆発」は、付着物の剥離にとても有効です。ドライアイスは反発エネルギーが不足している反面、衝撃時にその質量を表面に沿って分布させる傾向があります。

昇華されたCO2ガスは表面に沿って外向きに膨張し、母材表面とミクロ層の亀裂が入った付着物の間に入り込みます。その結果、母材にダメージを与えることなく効果的で早い洗浄を可能にするのです。

 

 

Dry Ice Blasting Animation from Cold Jet on Vimeo.

Read More

Benefits of dry ice blasting, Plastics, プラスチック

ドライアイス洗浄を始めるのに必要なものとは?

Posted by Makoto Tsukada on 2020/07/07 4:02:38

簡単な設備でドライアイス洗浄を

ドライアイス洗浄機は、洗浄対象物に最適なブラストホース、エアホース、アプリケータ、ノズルを含めたものが一式となります。その他に、機械を稼働させるに、以下のユーティリティが必要になります。

  • 圧縮エア(工場エア、もしくはエアコンプレッサー)
  • 電源(100V、200V)
  • ドライアイス

移動式ディーゼルコンプレッサーを使用する場合は、湿度レベルにもよりますがアフタークーラーを間に入れることを推奨しています。アフタークーラーにより供給エア内の水分を除去し、外気温から約10度ほど温度を下げ、エア品質を安定させることが出来ます。

 

供給エア圧力 Air pressure requirements

ドライアイスペレットを用いた洗浄では100 cfm (2.8 m3/min) at 80 psi (5.5 bar)、マイクロ粒子による洗浄の場合は30 cfm (0.9 m3/min) at 80 psi (5.5 bar)のエアを必要基準とします。

低風量ノズルを使用したマイクロ粒子の場合は、12 cfm (0.3 m³/min) at 80 psi (5.5 bar)でのブラストも可能になります。

ただし、必要供給エアは対象物によって変わります。

 

ドライアイス洗浄について質問がある場合は、お気軽にお問合せください。
Check out our Definitive Guide to Dry Ice Blasting!

Read More

医療・製薬業界における、ドライアイス洗浄の対象物とは

Posted by Makoto Tsukada on 2020/05/19 5:27:10

医療・製薬業界では、表面処理・表面仕上げ、バリ取りのほか、多くの課題に直面

医療機器の製造メーカーは、精密で細かい金型を使用し、高公差部品の成形や、それに関連する多くの厳しい条件をクリアする必要があります。また、製造設備は清潔な状態を保ち、カテーテルチップの製造、外科手術用のハンドルやステントに至るまで、高い製品品質を維持することが最重要となります。精密なキャビティや複雑な形状の金型を十分に洗浄することは、医療機器部品を製造する際の大きな課題となります。

金型洗浄に加え、製造工程にあるクランプ装置の洗浄や、最終製品のバリ取りなども重要なポイントとなります。

ドライアイス洗浄により、 医療・製薬業界の製造現場 では、洗浄や部品の仕上げにかかる時間を短縮できるだけでなく、製品品質を向上させながら、金型・機械寿命を延ばし、製品のスクラップ率を大幅に削減できます。

業界におけるドライアイス洗浄の導入例を、使用方法・導入後結果なども併せて以下にまとめました。

 

液状シリコーンゴム(LRS)金型

シリコーンゴム製人工呼吸器の製造メーカーは、工具の洗浄にドライアイス洗浄を導入しました。これにより、生産能力・製品品質を向上させ、スクラップ率を大幅に減少することができました。以前と比較すると、洗浄時間が75%減ったことにより、ダウンタイム削減・生産量増幅となりました。

プラスチック射出成型機

注射用医薬品の大手メーカーは、製品の製造・包装・配送工程において、ドライアイス洗浄を導入しました。機上で洗浄することができ、短時間で洗浄できるだけでなく、スクラップ率が4%減少し製品品質も向上しました。年間生産量が平均10%増幅となりました。

プラスチック製品のバリ取り

脊椎インプラントの大手メーカーは、部品の表面を傷つけず寸法許容差を変えることのないバリ取りを行っています。ドライアイス洗浄導入前と比較し、表面処理時間を約80%削減し、生産量・処理能力を向上させました。個体差があったバリ取りも、全体的な一貫性があり、部品損傷の心配もありません。

 

 

金属のバリ取り

医療機器の外注サービスを行っている企業は、口腔外科で使用される注射針等のチタンドリルビットのバリ取りをドライアイス洗浄で行っています。従来の洗浄方法では寸法が変わってしまい、許容誤差が生じてしまいましたが、ドライアイス洗浄では品質問題が解消され、生産歩留まりを大幅に改善されました。 

ガラス金型

医療、製薬、検診等で使用されるバイアルの製造メーカーは、工具に付着した炭素・潤滑剤の除去をドライアイスで洗浄しています。傷をつけずに洗浄できるので、メンテナンス時間・頻度が短縮されました。

液体樹脂に工具を浸し、部品を成型

医療診断機器、モニタリングシステムの製造メーカーは、使い捨て体温計シースの製造工程でドライアイス洗浄を導入しています。工具に蓄積した樹脂を除去するのに、以前はワイヤーブラシを使用していました。従来よりも4倍も速く洗浄でき、工具の摩耗の心配もありません。

ビタミン剤や栄養サプリメント

ビタミン剤や栄養サプリメントの製造工程でドライアイス洗浄を導入し、ダウンタイムを40%削減しました。手では洗浄しきれなかった細かい箇所も洗浄できるため、短時間でより細かい洗浄が行えます。

Read More

医療用, 医薬品, プラスチック

医薬品・医療保護具の増産ソリューション

Posted by Makoto Tsukada on 2020/05/01 6:28:41

新型コロナウィルス(COVID-19)により、世界中の医薬品・医療保護具不足が深刻化

全世界で猛威をふるう新型コロナウィルス(COVID-19)対応により、医薬品・医療保護具の需要は急激にあがり、各業界・メーカーは大幅な増産を強いられています。

Read More

Injection mold cleaning, Rubber Molding, Rubber, Medical, "melt-blown", マスク, 医療用, メルトブローン, 不織布

Cold Jetについて

環境に考慮したドライアイス洗浄機・製造機の開発を担う、グローバルリーダー企業です。

こちらでサブスクライブ!

最近の記事